交通手段を確保できる結婚式場がお勧め|来場者に配慮する

細かいことまで決めます

お酒

結婚式の二次会の開催にはいろいろな準備が必要になります。幹事がやっておくべきことの代表として、開催場所の決定や招待客の把握といったことがありますが、その他の細かいことも決めて準備しておかなければなりません。具体的にどのようなことを決めておかなければならないかというと、まずは、二次会でゲームを行うのかどうかといったことです。もしゲームを行うのなら、景品が用意してあるのが一般的です。なので、景品を何にするかを考え、買い出ししておく必要があります。予算から景品にいくら使えるのかを考えなければならないのですが、新郎新婦が景品代の一部を負担する場合もあります。なので幹事は、新郎新婦にその意向があるかどうかも確認しておかなければなりません。幹事は行うゲームの内容も決めなければならないのですが、参加者全員が楽しめるような内容のゲームにしましょう。もし、ゲームに特別な設備が必要ならば、二次会会場にそのような設備が備えられているのかも確認しておきましょう。その他に幹事が決めておかなければならないのは、料理・ドリンクの内容やテーブルの配置です。この料理やドリンクの内容によって二次会の参加費が変わってくるので、参加費を決定する前に決めておきましょう。テーブルの配置も、参加者が全員楽しめるような配置を考えましょう。これらの内容を全て幹事が行なうこともありますが、新郎新婦が予め代行業者にある程度お任せしているケースもあります。